通勤の暇つぶしにアプリが欲しい?映画を観て楽しく過ごすテク

■電車で寝ているだけではもったいない

毎日の通勤時間はどのくらいでしょうか?
関東大都市圏では、65%以上の方が通勤時間に30分以上
かけています。※総務省統計局

通勤時間が1時間以上の方は32%もいるのです。
自宅から駅まで歩く時間や、会社の最寄りまで着いてからの時間が
ありますので、すべての時間は自由になる時間ではありませんが、

もし電車に乗った途端に寝ているのなら
それはちょっともったいないかもしれませんね。

電車に乗っている時間にできる、何かいい暇つぶしはないかと
捜したけれども、見つからなかったかもしれません。

スマホのゲームをするのも飽きてしまったかもしれませんし、
課金しないと楽しめないゲームもあるので
結局やめてしまったかもしれません。

毎日電車に座れるのならそこで睡眠時間を確保するのも
ひとつの手でしょう。

睡眠時間が足りない原因が、仕事が遅くなっているのなら
やむを得ませんが、

もし昨晩テレビを観すぎたために寝るのが
遅くなったり、することがなく寝ているのだとしたら、
少し違うことをしてみても良いかもしれません。

■通勤時に映画やテレビドラマを観る

このサイトでは、通勤時に映画やドラマを観る方法を紹介しています。
通勤時に観るというのは、スマホやタブレットを使います。

えっ?もうやっている?
それは、さすがですね。

やってみようとしたけどダメだった?
もう一回試してみます?

試した人の中には、バッテリがもたないと嘆いたかもしれません。
スマホにとってバッテリの問題は避けては通れません。
どんなに長くてもせいぜい2日くらいででバッテリはなくなりますし、

通勤時に映画を観れば1日もたない可能性もあります。
ただ、最近のスマホやタブレットのバッテリ寿命は改善されて、
長時間もつようになってきました。

モバイルバッテリーで補完する方法もあります。
バッテリを消費しにくい方法で観ることで長持ちさせる手段もあります。

また、「動画を観るとパケット(データ通信量)を使いすぎて、
通信スピードが遅くなる」ことを心配しているかもしれません。
それは事実ですが、それも解決方法はあります。

もしくは、投資にお金がかかると心配しているかもしれません。
レコーダーを持っている人なら全く無料からはじめることも
できますし、

多少の投資をして映画やドラマを観て楽しむ方法もあります。
通勤時や出先で映画やドラマを楽しむ方法を紹介していますので、
良かったら見ていってください。